So-net無料ブログ作成

早くぶっ潰れて欲しい実習生受入企業はこんな会社です! [未だにルールを無視する企業と業者]

残業代をちゃんと支払わない企業。

本当に頭にきます。

これは実習生受入企業だけではないと思います。

日本人でも被害に遭っている方々は少なくないことでしょう。


img_1.jpg
*イメージです。

実習生受け入れ、衣類・繊維業者が最多 残業代不払い
山形新聞 9月25日(金)11時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000572-yamagata-l06



日本人はまだ救われます。

なぜならば、嫌気がさしたなら辞めて転職すればいいからです。


しかし、外国人技能実習生は違います。

あくまでも、その企業に、〇〇の職種の技能習得という名目で、
VISAが発給されて働いているからです。


嫌なら自己負担で帰国する以外に道はないからです。


多くの場合、手数料や保証金など少なからずのお金を借金して、
ほぼ片道切符で出稼ぎに来ている彼ら彼女らには、
他の選択肢は『失踪』しかないのです。



そして、監理団体にも大きな責任があります。

事前調査がテキトーであるほどに、こういう悪質な企業に受入手配を
しているから、問題が発生します。

万が一騙されて受入配属まで進んだとしても、毎月の巡回監査にて、
きちんと就業実態と賃金明細を確認していれば、

少なくとも実習生の不満に耳を傾けていれば、


大事になる前に、未然に対処の仕様もあることでしょう。


倒産は最大の責任逃れではありますが、
経営者にも、従業員を痛めつけて事業が成り立つ会社でしかないならば、

キレイな清算をちゃんとすることも経営者の責任であると思います。


経営者自身の犠牲に成り立つ事業であれば、まだわかりますが、
日本人、外国人問わず、従業員には最低限の保証やルールを守る企業で
あるべきではないでしょうか。


注:これはあくまで、一般的な従業員を保護すべきであるというだけで、
  ユスリたかりのモンスター従業員は一切保護すべきではないことを
  最後に、あえて、触れておきたく思います。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事