So-net無料ブログ作成

外国人労働者の争奪戦が始まりつつあります。 [益々多様化する日本]

少子高齢化による人口減少社会において、人手不足は喫緊の問題です。

加えて、10年前、今、10年後を考えてみても、外国人人材の
招聘について、需要は高まる一方と同時に、

元来の日本ブランドも競合先が増えつつあるのが、今現在です。


2014070700056_3.jpg


韓国、中国、台湾などの近隣各国でも、同じように少子高齢化による
人手不足が叫ばれつつあります。

加えて、国をまたいで出稼ぎに出る外国人労働者にとっては、
一にも二にも、手残りがいくらになるのか、いくら稼げるのかに
終始、徹頭徹尾します。


いくら嫌われ者の中国、韓国であっても、目の前に月給が、

日本 20万

韓国 21万

中国 22万

となれば、迷うことなく中国に流れるということです。



もちろん、全員が全員ではないと思いますが、

やはり改めて日本ブランドの確立
=治安が良い、奴隷の様ではない就労&生活環境の整備、
 手残りが十分にある収入、などの確約が必要です。 


11.26 マニラ講演会で何を話し、何を期待するか?
月刊人材ビジネス主筆  三浦 和夫
http://www.jinzai-business.net/opinion_details671.html


非常に共感できる点が多いコラムでした。


私自身も、特別何を言うことなく、『日本人が常識的に思う』、
当たり前のことを、責任と思いやりを持って、
当たり前にこなす、進める、取り組む、
そんなことで十分だと思います。


そして、それができていない輩のなんと多いことか。


悲しいかな、仕事を取る上で、グレーゾーンと言われる部分に
踏み込んで、ブラックではないことを確約しつつ、営業することが、
ある意味、現実的には常識のことと思います。

私も、何も聖人君子ではありませんし、必要以上に賃金の高騰や
自ら首を絞めるアホみたいな規則を遵守すべきだとばかり
唱えているつもりもありません。


しかし、超えてはいけない一線があり、そこをちゃんと守りつつ、
規則は順守しつつ、いかに現実に合わせていくのか。


ここがその組織の長と、各担当のモラルにかかっているところだと思います。




これから、良い悪い別にして、外国人労働者は否応なく増え続けます。


どう取り組むかは、経営者並びに採用担当者にかかっています。


ご自分の目が届く範囲だけでも、まっとうに、上手に、
取り組まれることをお勧めいたします。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事