So-net無料ブログ作成

やっぱり移民受入は必須かつ直近の法整備が必要ですね。 [労働力確保と維持の重要性]

最近とみに、様々なコメンテーターや情報番組が、
TVや新聞、雑誌、インターネットなどで
人口減少による労働力不足対策の警鐘を訴えることが
増え始めてきているように感じられます。


ref_l.jpg


田原総一朗:労働力不足問題は待ったなし 安倍政権は移民法を整備すべきだ
BizCOLLEGE 10月15日(木)9時57分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151015-35858745-collegez-pol


手前味噌で恐縮ですが、私が以前よりお伝えしてきていることを
田原総一朗さんがコメントしていることで、ちょっとだけ嬉しく思いました。


確かにまどろっこしいことなく、直接労働力として移民を受け入れる。

この手法にリスクがないとは言えませんが、交通事故を気にしすぎて
車に乗らない生活が、特に都会以外の田舎や地方都市では不可能なように、
現在、今そこにある危機を乗り越えるためにも舵を切る選択肢は
決して間違ってはいないと思います。

すでに受入を進めるドイツなどと同様に、問題は様々あるものの、
各国それぞれ受入を進めています。


日本だけが頑なに拒否している。


以前『大衆は常に間違っている』とコメントしてみました。

悲しいかな、移民政策に限っては特に、日本国民の総意は
間違っているとしか思えません。


誰もが今までの生活から変わることに対しては、強い抵抗を示し、
拒否感や恐怖感を感じます。


それでも、人間が知恵を身に付けているのならば、どうにか乗り越えられるでしょうし、
学習能力があるならば、歴史が繰り返されるのではなく、同じ轍を踏まないほうへ
強い意志と実行をもって進むべきです。



現実は『外国人技能実習制度』を利用し、期限を決めて強制的に帰国させることで
アレルギーを紛らわせていますが、所詮労働者として扱ってはいけないという
足枷は外れない以上、理屈と現実のはざまで、問題が無くなることはありません。



上手に理想と現実とをつけ合わせ、頭の良い高給取りの方々に、
良い方策を整備していただきたいものです。


もちろん、他人を当てにするだけではなく、自分と仲間とで、
自己責任の中でジャパンリスクヘッジをかけられる手段と実行に
取り組むことをお勧めいたします。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事